月収をアップさせるには?

デリヘルでしっかりと稼ぐのであれば、指名客を増やすことが大切です。指名してもらうことで指名料がバックされますので、1人から接客してもらうことで1,000円から2,000円バックされます。

指名客を増やすテクニックと言えば、お客さんの特徴を覚えるということです。風俗遊びをするお客さんは「自分はほかのお客さんと違って特別な存在になりたい」と考えている方も多いもの。そのため、一度指名してくれたお客さんの特徴を覚えておき、次回その話題を出すことでお客さんに特別感を与えることが出来るのです。また、指名無しのフリー客も存在しますが、そういったお客さんに対しても手を抜いてはいけません。良いサービスを提供することでリピーターになってくれるのです。

そのほかの方法としてオプションバックがあります。オプションとは、基本的なプレイ内容だけでなく、さらなるプレイを追加する遊び方です。オプションはお店によって異なりますが、バイブやローターなどソフトなオプションから、イラマチオやAFなどハードなオプションまであります。ハードなオプションであれば1万円ほどバックされることもあるので、一気に稼ぐことが出来るでしょう。オプションはNG設定も出来ますが、手っ取り早く稼ぐのであればNG無しをおすすめします。

デリヘルの平均月収について

日本の風俗シーンでスタンダートなジャンルといえばファッションヘルスでしょう。ファッションヘルスには2種類あり、店舗型ヘルスとデリヘルなどの無店舗型ヘルスに分かれていますが、どちらのサービス内容も違いはありません。しかし、収入面で違いがあるのです。

一般的なファッションヘルスのバック率は50%~60%とされていることが多いです。たとえば、プレイ料金が1万5,000円だった場合にバック率50%ですと、7,500円がバックされ、バック率60%ですと9,000円がバックされます。しかし、この金額がそのまま受け取れるわけではありません。ここに店舗型ヘルスとデリヘルの違いがあります。

店舗型ヘルスは店内に完備されたプレイルームでプレイを行います。そのため、タオルのクリーニング代などが引かれてしまうことがあるのです。クリーニング代はお店によって異なりますが、1人を接客するごとに1,000円ほどかかります。しかし、デリヘルはラブホテルやレンタルルームでプレイを行いますので、クリーニング代はかかりません。そのため、同じバック率だったとしてもクリーニング代のかからないデリヘルの方が収入面で上なのです。デリヘルであれば月に20日出勤で60万円以上稼ぐことは十分に可能です。

風俗求人は稼げるの?

風俗で働く女性の理由はさまざまですが最も多い理由はお金でしょう。ブランドアイテムや海外旅行など、リッチな生活をするにはお金が欠かせません。そのため、風俗の仕事内容は楽ではありませんが、そのような中でも頑張っている女性がいるのです。

日本の風俗業界にはファッションヘルス、ピンサロ、ソープランドなど幅広いジャンルがあります。風俗求人雑誌や風俗求人サイトをチェックしてみても、こうしたさまざまなジャンルの風俗店があります。その中でもとくにおすすめしたいのはデリヘルです。

女性は風俗を利用することがありませんので、風俗と聞くとギラギラした看板をイメージすることでしょう。こういった風俗店は店舗型と呼ばれる風俗店で、店舗型ヘルス、ピンサロ、ソープランドが店舗型風俗に分類されます。これらの店舗型風俗は現在減少傾向にあり、新規でオープンすることも困難になっている状況です。そのため、歓楽街で見かける機会も減りつつあります。

店舗型風俗とは逆に増加傾向にあるのが無店舗型ヘルスのデリヘルです。デリヘルは店舗を構えていませんので、看板が存在しません。そのため、ネット広告や風俗雑誌に広告を出してプロモーションを行っています。デリヘルは新規オープンが手軽であることから、全国各地に登場しているのです。デリヘルは風俗業界の中でも勢いがありますので、風俗求人も多く掲載されていますし、しっかりと稼ぐことが出来ます。こちらでは、そんなデリヘルの月収について詳しく解説致します。